歯列矯正と健康の関係Big Image

歯列矯正はその人の全身の健康にとっても重要なことです。まれなケースではありますが、歯列矯正を始めて間もなくから、ひどい肩こりやめまいといった重大な健康被害を感じてしまうような人もいるのです。しかし、歯列矯正の場合健康保険の対象とならない自由診療となってしまうため、かかる費用が大変高額であり、途中で何らかの不都合が起こったとしても簡単に診療医師を替えるということはできにくくなっています。
現在多くの歯列矯正を行う歯科医院においては、最初に歯列矯正にかかる全体の費用を算出し、全額を前払いしてから治療にうつるという方法が多くとられています。そのため、治療の途中でなんからかのトラブルが起きても、他の歯科医師には相談がしづらく、体調の不良について適切な対応がとれないということが問題になっています。
また、よくない歯科医師にかかってしまうと、歯列矯正治療によって体の調子が悪くなったと訴えると自分の治療方針にケチを付けられたと捉える人もいるようで、歯並び以外の不具合にはまるで自分には何の責任もないというような言い分を通されることもあったという報告がされています。
歯列矯正の場合、一般的に転院をすることはできにくくなっています。ほとんどの場合は治療が終わるまできちんと担当をしてもらえますが、何らかのトラブルが起きる可能性というのはどの歯科医院を受診するにしてもないとは言い切れません。事前に納得出来る対応の医院であるか確認をしておきましょう。