完璧ではない歯列矯正治療 Big Image

歯列矯正治療は、よく「家づくり」に似ていると例えられます。それはかなり高額の費用や長い期間が必要であるとともに、その人が一生に一度しか行わないことが多いためです。ある意味的確な例え話であるといえます。
歯列矯正が家づくりに似ているのは、費用や期間ばかりではありません。依頼をする医師(業者)によってその後数年にわたってトラブルの原因になってしまうことも共通しています。また、ベーシックな方法が確立されている一方で、先進的で独自のアイディアを技術を生かした方法によって行われていることが多いという点においても同じようなことが言えます。
歯列矯正は、かならずしも一生に一度で済むとは限りません。子供のとき痛い思いをして治した歯列が、成人あとになって再び乱れてきてしまったという人もなかには多く見られます。これは、一時的に歯並びをきれいに見せかけることには成功していたものの、その人の土台となる部分までの治療が行われていなかったという、担当医の技術不足によるものです。
歯列矯正治療は、まだ完全に確立された技術があるわけではありません。こうしている今も進歩をしている方法です。そのため、大学でならった知識をそのままに長く治療を続けている歯科医師の場合、長期的にはトラブルの起きやすい治療方法を続けているということもよくあるようです。歯列矯正のための治療では、その医師がきちんと将来的な影響までも考えて治療を行なってくれているかも選ぶときのポイントになります。

東方神起の「あなたも明日からメディカル社員」のCMでおなじみ、薬用美容歯磨き粉メディカルシャイン